大淀囲碁クラブ
棋力向上の近道!囲碁サロンなら大淀囲碁クラブ!!
初めての方へ
トップへもどる
囲碁のルール
囲碁の実際
囲碁人口
囲碁のルーツ

宮崎をもっと知りたい人におすすめのサイト
宮崎の神社
 祭神から宮崎の神社が探せます!検索機能付きの宮崎の神社ホームページです。それぞれの神社にまつわる神話が紹介してあります。
宮崎の方言
 宮崎の方言というと、”どげんかせんといかん” が有名ですが、 実は”どげんかせんといかん”は宮崎市では使われません。 当サイトでは、主に宮崎市を中心とした宮崎の方言を集めてみました
生目
 生目(いきめ)には、日本で唯一の目の神様である生目神社があり、
目を大事にする方なら是非一度は訪れてみたいところです。
当サイトでは、最近注目の生目古墳群を中心に、生目とその周辺の歴史を紹介しています。

霧島は竜馬を変えた
 霧島は、宮崎と鹿児島の県境にある高千穂の峰を望む伝説とロマンあふれる温泉地です。
当サイトでは、霧島火山と天孫降臨神話と竜馬の新婚旅行を紹介しています。

=開運のページ=
梵字
梵字の筆順がわかります!梵字と守り本尊を中心に密教の世界を紹介するサイトです。
梵字はもとより、守り本尊、十三仏、密教法具、五輪塔、曼荼羅などが紹介してあります。

仏像
 仏像が欲しいというあなたに仏像の通販を紹介します。
仏像大好きなあなたなら、マイ仏像を探してみましょう。

初心者歓迎!懇切指導!!子供からお年寄りまで、もちろん女性もOK!囲碁は対局するほど強くなります。希望者には、棋譜の記録をします(無料)!!9路盤からスタートできます。コンピューターとの対局もできます。6段2名が指導員、高段者にも退屈させません。

囲碁のルーツ

囲碁は、約1500年前、様々な大陸文化とともにその発祥地である中国から伝わったものとされています。
関連年譜は以下の通りです。
1)文字の伝来
日本書紀・巻第十によると、応神16年(おそらく405年)に百済から王仁(わに)が来日し、論語10巻、千字文1巻をもたらしたことになっています。
2)仏教の伝来・・・おそらく538年か552年
3)遣隋使の派遣(小野妹子)・・・607年
この時期の大陸との交流により、囲碁が日本に伝わったものと考えられます。

碁盤と碁石の意味するもの

碁盤は、19×19=361の交点から成り立っています。この361の交点は、1年の日数(古代中国では、360)をあらわし、中央の1点(天元)は、万物成長の起源である太陽を示しているといわれています。

また、盤上の9つの目印(星)は、九星をあらわし、天元の1点を除いて4分される360の交点は、90交点ずつ春夏秋冬を示し、外周の72の交点は、陰暦の七十二候と合致します。

さらに、碁石の円形と碁盤の方形は、中国古来の天円地方の考え方を表現しているものと考えられ、それぞれ円形=天、方形=地の象徴であり、黒白の碁石は陰陽二元論と相通ずるものがあります。

故に、囲碁は、単なる遊戯とはいえ、自然の摂理が隠されているようにも思え、古くから、僧・貴族・武士などのたしなみとされてきたようです。

九星と魔方陣

九星とは、古代中国から伝わる民間信仰で、一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫の9つのことをいいます。

一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい)・四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい)・七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)といった方がなじみがあるかもしれません。

星の字がついていますが、天体の星とは直接関係はありません。
 4  9  2
 3  5  7
 8  1  6
上の表を見て下さい。タテ、ヨコ、ナナメのいずれも3つの数字の和が15となります。魔方陣といいます。

この魔方陣を起源として、白黒碧緑黄赤紫の7色、木火土金水の五行、十干十二支、易の八卦を組み合わせて出来たのが九星です。

九星の根本である「河図(かと)」「洛書(らくしょ)」の図では、数を表現するのに、白点と黒点が使われています。ちなみに、白は陽である天の数、黒は陰である地の数を表しています。

どちらが先かはわかりませんが、河図洛書の世界と、囲碁の碁盤や碁石とは何らかのつながりがあるのではないかと推測されます。

陰暦と七十二候

月が地球を一周するのにかかる29.53日の12ヶ月分に相当する354.36日と、地球が太陽を一周するのにかかる365.2422日のどちらを1年としたらよいものでしょうか?

端的に言うと、前者(月)を基準にしたものが”陰暦”であり、後者(太陽)を基準にしたものが、現在の暦です。どちらにしても調整が必要となります。

古代中国(囲碁が誕生する頃)では、1年を360日ととらえていたようです。ひょっとしたら、円を354度や365度でなく、360度と数えるのは、このあたりからきたのかもしれません。

1年(12ヶ月)を、現在でも残っている立春や春分など二十四の節気で区切り、さらにほぼ5日ごとに初侯、次候、末候とする暦注があります。七十二候といいます。古代中国で考案された季節を表す方式のひとつです。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっています。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、 七十二候の名称は何度か変更されているようです。
七十二候(参考までに)
二十四
節気
七十二候 意味
立春
りっしゅん
初候 東風解凍 東風(はるかぜ)氷を解く
次候 黄鶯?睆 うぐいす鳴く
末候 魚上氷 魚(うお)氷をいずる
雨水
うすい
初候 土脉潤起 土の脉(つちのしょう)潤い起こる
次候 霞始靆 霞はじめてたなびく
末候 草木萠動 草木萌えいずる
啓蟄
けいちつ
初候 蟄虫啓戸 蟄(すごもり)の虫戸を啓く(ひらく)
次候 桃始笑 桃はじめて咲く
末候 菜虫化蝶 菜虫(なむし)蝶となる
春分
しゅんぶん
初候 雀始巣 雀はじめて巣くう
次候 桜始開 桜はじめて開く
末候 雷乃発声 雷声(かみなり)を発す
清明
せいめい
初候 玄鳥至 玄鳥(つばめ)きたる
次候 鴻雁北 鴻雁(こうがん)帰る
末候 虹始見 虹はじめてあらわる
穀雨
こくう
初候 葭始生 葭(あし)はじめて生ず
次候 霜止出苗 霜やんで苗出ずる
末候 牡丹華 牡丹花咲く
立夏
りっか
初候 蛙始鳴 かわず(蛙)はじめて鳴く
次候 蚯蚓出 みみず出ずる
末候 竹笋生 たけのこ生ず
小満
しょうまん
初候 蚕起食桑 蚕(かいこ)起きて桑を食(は)む
次候 紅花栄 紅花(べにばな)栄う
末候 麦秋至 麦の秋(とき)至る
芒種
ぼうしゅ
初候 螳螂生 かまきり生ず
次候 腐草為蛍 腐草(くされたるくさ)螢となる
末候 梅子黄 梅の実黄ばむ
夏至
げし
初候 乃東枯 乃東(なつかれぐさ:薬草)枯る
次候 菖蒲華 菖蒲(あやめ)花咲く
末候 半夏生 半夏(はんげ:毒草)生ず
小暑
しょうしょ
初候 温風至 温風(あつかぜ)至る
次候 蓮始開 蓮はじめて開く
末候 鷹乃学習 鷹技(わざ)を習う
大暑
たいしょ
初候 桐始結花 桐はじめて花を結ぶ
次候 土潤溽暑 土潤ってむし暑し
末候 大雨時行 大雨ときどき降る
立秋
りっしゅう
初候 涼風至 涼風至る
次候 寒蝉鳴 ひぐらし鳴く
末候 蒙霧升降 深き霧まとう
処暑
しょしょ
初候 綿柎開 棉(わた)の花開く
次候 天地始粛 天地はじめて粛(さむ)し
末候 禾乃登 禾(こくもの)みのる
白露
はくろ
初候 草露白 草露白し
次候 鶺鴒鳴 せきれい鳴く
末候 玄鳥去 玄鳥(つばめ)去る
秋分
しゅうぶん
初候 雷乃収声 雷声(かみなり)収む
次候 蟄虫坏戸 虫蟄(かく)れて戸を閉ざす
末候 水始涸 水はじめて涸(か)る
寒露
かんろ
初候 鴻雁来 鴻雁(こうがん)きたる
次候 菊花開 菊の花開く
末候 蟋蟀在戸 きりぎりす戸にあり
霜降
そうこう
初候 霜始降 霜はじめて降る
次候 霎時施 小雨(こさめ)ときどき降る
末候 楓蔦黄 楓蔦(もみじつた)黄ばむ
立冬
りっとう
初候 山茶始開 山茶(つばき)はじめて開く
次候 地始凍 地はじめて凍る
末候 金盞香 きんせんか咲く
小雪
しょうせつ
初候 虹蔵不見 虹かくれて見えず
次候 朔風払葉 北風木の葉を払う
末候 橘始黄 橘はじめて黄ばむ
大雪
たいせつ
初候 閉塞成冬 空寒く冬となる
次候 熊蟄穴 熊穴にこもる
末候 魚厥魚群 鮭(さけ)群がる
冬至
とうじ
初候 乃東生 乃東(なつかれぐさ:薬草)生ず
次候 麋角解 鹿角おつる
末候 雪下出麦 雪下りて麦出ずる
小寒
しょうかん
初候 芹乃栄 芹(せり)栄る
次候 水泉動 水温(あたたか)をふくむ
末候 雉始? 雉(きじ)はじめて鳴く
大寒
だいかん
初候 款冬華 ふきの花咲く
次候 水沢腹堅 水沢(さわみず)氷りつめる
末候 鶏始乳 鶏はじめてとやにつく
宮崎でよく見る花
フジ1
フジ1
フジ2
フジ2
フジ3
フジ3

*お気づきの点がありましたら、お気軽にメールをお願いします。相互リンク募集中です。
特に、すでに囲碁サロン(碁会所)を経営されている方や、これから囲碁サロン(碁会所)をやろうという方との情報交換を希望しています。

Copyright (C) 2012 miyazaki-igo.net All Rights Reserved.